img_02

信頼できるタイムレコーダーとは

タイムカードの管理責任者には日々の作業の中で時間がズレていないのかを怠ってはいけません。
そのため遅れていないか、または進みすぎていないかをチェックすることになりますが、毎日時間を目で確認していなければいけないので、方法としてはとてもアナログなやり方ではないでしょうか。

wikipediaのことならこちらをご活用ください。

そこでパソコンを利用して自動的に時計合わせしてくれるタイムレコーダーもあり、これだと管理責任者にとってとても助かる方法ではないでしょうか。特にちょっとした些細なことから、時間が狂ってしまったり、放置しても安心できます。

もし少しでも時間にズレが生じれば、それだけで作業員にとって支払われるべき給料に影響を及ぼしかねなません。



特に経営者にとって給料計算をしていておかしいと感じたとき、時計がおかしかったのかとなるような集計結果になることもあります。



こうした場合もパソコンでエクセルを使用していれば、計算し直すこともできます。給料計算ソフトに違いで使用は変わりますが、ネットに接続しているということもあり時計の自動修正は安心できますが、もしネット回線が切れてしまったときに時計が狂ってしまうようなことになれば、そのときはやはりアナログで確認しなければいけないこともあります。

とは言えタイムレコーダーによる自動設定は精神的にも楽な方法になりますから、理想的なのはタイムレコーダーを使用しながら、アナログ的な確認をしていくことがいいのではないでしょうか。